2011-10-18

ふと思った事


昨日の続きではないんですがw、県外に出るとハコだったり音だったりヒトだったり etc... 色々考えさせられます。

特に、先週のMJP@宮崎WEATHER KINGは自分は運転のためお酒を全く飲まなかったので、その分機材のチェックやスタッフの配置などを真剣にじっくり見る事ができました。みんながお酒飲んでわいわいしてる中、「卓はヤマハのアナログのヤツか~ でかいけど使いやすそう。」とか「スピーカーはどこのかな~ やたらと抜けが良くて解像度が高いからJBLっぽいけど、う~ん」とか思ったり、わかんない事や知りたい事をスタッフのヒトに質問したり(イベント中に迷惑だったろうな~w)、入口の隅に張ってた防音材についての説明を読んだりしてたわけですw まあ、呑まないのでわりかし暇だったわけですw

そんな調子で地元勢のDJの機材(SH-EX1200が2台、DJM-909が1台、ベスタのCDJが1台、テクニクスのタンテが5台、スクラッチライブのインターフェイスが1台)、地元勢のライブ機材(ALLEN&HEATH ZED-14、KAOSS PAD、Macbook(Ableton live)、自作のぴゅんぴゅんマシーン、MPC等)、ライブステージ上のMJPのDJの機材(KORGのKM-402、パイオニアのDJM-800か似た型のモノ、テクニクスのタンテ、オーディオインターフェイス等)、使い方をじっくり見てました。そんな使い方するのか~ってう驚きも多々ありましたw

照明にしたって、凄く効果的に使われてたな~と。今回、カメラはサブ機(一眼じゃなくてライカのデジカメ)を使ったんですが、帰ってからチェックしてみると絵が凄くきれいだったな~と。現場でそれなりにカメラのマニュアル設定はしたし全く呑んでもなかったけど、地元でサブ機ではこんなに綺麗に撮れないんで、となるとやっぱり照明ですよね。音もそうですが、ハコを熟知したハコ付きの専門スタッフがやってるんですから、そりゃクオリティーも高いわけですよね。機材が他に類を見ないって感じで物凄くいいわけではないですが、職人技でポテンシャルを充分に引き出している印象でした。

まあ、本当にいろいろ思うところはあったわけですが、色々勉強になりました! 当然、MJPは別格だったりするわけですが、どのプレイヤーにしても少なくともどの機材をどういうふうに使っているか等何をやってるかははっきりわかるレベルにはいることができているみたいです。 …ただ、できるかとなると当然別ですがw

このイベントに出演していたメンツに関してしか言えませんが、地元 宮崎勢のライブは何をやってるかはっきりわかる分だけ、個人的には正直大分よりレベルが高い気がしました。もちろん、こいつは下手だな~ってヤツもいましたけどw 地元 宮崎勢のDJも、FACT RECORDSのだいちゃんは酔ってるはずなのに感服するぐらいうまかった~♪ あと、名前は?だけど最後にフロアでプレイしてた子はずぶずぶに深かったな~

おかげでやりたい事とか方向性とかを考えさせられました。いい機会になったと思います。お酒呑んでたらいつものようにもっと仲良くなれてたな~と思う反面、冷静に機材や音などのチェックはできなかっただろうから、今回は呑まなくてよかったな~と思います。その分、OKIが頑張ってくれてたしw

で、家に戻って色々サイトをチェックしたらハコのフロアガイドや機材リストがありましたw 苦労して色々聞いたり見たりしなくてもよかったのか~w



※当日はOFFICEがラウンジフロアで使われてました。


また県外に行って色々勉強したり刺激を受けたりしたいな~と思いますw




【お知らせ】
このサイトをPC・スマフォ・一部携帯以外の普通の携帯で閲覧したい方は

http://moblogger.r-stone.net/blogs/7805850825723724615

からご覧ください。画像等も見れます。


ホーム | SC RECS | SPACE CAKES | スケジュール | ゲスト | クラブマップ | Ust | ショップ | コンタクト | リンク | 携帯はこちらから





0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...