2012-09-10

Habitación insonorizada!


色々欲しい機材を調べていると、ミキサー→ラックマウントエフェクター→スピーカー→パーツ→アンプ→吸音材と興味が遷移し、最近は防音室のカタログを見る様になりました。楽しいけど、底なし沼です。やっぱりただのオタクなんやな〜としみじみ実感。でも、防音室って4畳ぐらいの大きさのだと30〜40万とかで購入できるんやね〜 ...設置場所うんぬんはおいといて、無理な範囲ではないなw




こういうのって、子供の頃に集めてたビックリマンチョコのシールやガンダムの消しゴムやファミコンのカセット、学生の時に集めてたスニーカーとかバイクのパーツとか同じですよね〜 「どれをゲットするか」とかじゃなくて「集める事」自体が目的化してるんやろうな〜と。ゴルフや車や釣りなど趣味に凝ってる方となんら変わらないと思います。

そういえば、他のDJと話しててもこういう機材の話になると、大きく分ければ目を輝かせて食いついてくるタイプとあまり興味がなさそうなタイプに別れます。どちらがいい・悪いとかは関係ないと前置きしておきますがw、これってDJだから同じように見えるかもしれないけど、そもそも全く違うヒトと話してるんやろうな〜と。

目を輝かせてくるタイプのDJはDJプレイ以外で「機材を集める事が目的化した人」で、興味がなさそうなタイプは「機材はDJをするためのツールという人」なんやろうなと。機材が好きで機材自体に興味を持って探求する人と、DJをする事自体が目的で追及するけどそのツールに関しては一度機材一式を揃えたら(全くこだわりがないわけではないけど)そこまで興味のない人。どちらもメリット・デメリットありそうなので、何とも言えないですね〜w DJやってるうちに変わりそうだしw

まあ、いずれにせよDJ機材の家電化に伴って製品寿命のサイクルが明らかに早くなってるので、機材に全く興味がないというわけにはいかなくなってきてる気はします。

あと、一番探してる機材が国内に流通してないために、最近海外の機材のサイトばっかりチェックしてるんですが、かな~~~り面白いです。日本ではあまり数が出回ってなかったり、そもそも国内未発売だったりと、色々目新しくてワクワクします。しかも、円高のおかげで送料入れてもかなり安いので、万が一のアフターケアを割り切って考えられるのなら、個人輸入は今のタイミングがいいのかも。...ついでに、国内の輸入代理店がぼったくりすぎなのがよくわかりますw まあ、ライセンス料・アフターケア・サポート費用に利益乗っけたらそうなるのかもしれないけど、ちょっとぼったくですねw

まあ、色々見て想像してあ~だこ~だ考えれる事自体が楽しみだったりしますんでw そろそろ機材を買い替えないと~とか、新しい機材を導入したいとかいう方は円高の今がいいですよ~

そんな感じで、また~


ホーム | SC RECS | SPACE CAKES | スケジュール | ゲスト | クラブマップ | Ust | ショップ | コンタクト | リンク | 携帯はこちらから |  T-shirts

0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...