2011-10-19

気になる新製品~(無料ダウンロード情報もあり)♪


ダンスミュージックには定評のある誰もが知ってる世界の定番ブランド「Pioneer」から、満を持してケーブルが発表されました。ケーブルだけで劇的に音が変わるので、これは気になる新製品だな~と。

Pioneer 製品情報 DAS-RCA020R & DAS-DGC020R | DAS-XLR030R | DAS-PW3020R


今回発表された4種類のケーブルは、ノイズを抑えたクリアな音質を実現するとともに、ダンスミュージックの再生に適したスピード感のある低音の再生を可能にする。また、ケーブルネットや編組シールドを施したり、プラグ・端子部にメッキ処理を施すことで、音質を向上させるとともに、クラブなどでの激しい使用環境にも耐え得る高い耐久性を実現しているそうです。リリーススケジュールは以下の通りです。

RCAアナログケーブル DAS-RCA020R オープン価格(2本1組) 11月中旬
RCAデジタル(同軸)ケーブル DAS-DGC020R オープン価格(1本) 11月中旬
XLRケーブル DAS-XLR030R オープン価格(2本1組) 11月中旬
電源ケーブル(日本国内用) DAS-PW3020R オープン価格(1本) 1月中旬

う~ん、気になるな~ 解像度高そうw


で、他のPioneerの新製品も発表されてたので、ついでに紹介w SPACE CAKESはアナログDJしかいないので、あんまり関係ないかもしれないけど、PCでトラック作ってライブとかするには便利なのでw


Pioneer 製品情報 DDJ-ERGO-v
主にホームDJ向けのDJコントローラーで、同梱されたAtomix Productions社のDJソフトウェア「Virtual DJ Limited Edition」により、PC内の楽曲のミックスやアレンジを楽しめるほか、他のさまざまなDJソフトウェアをコントロールすることができるそうです。

そのわりには、 "大きな特長でDJプレイを光で演出する機能「PULSE CONTROL」を持つこと。この光によるアニメーションには、ミックスする楽曲のビートのズレを光の強弱で表示するMIX PULSE、チャンネルフェーダー内のLEDがビートの強さに合わせて光るBEAT PULSE、楽曲をロードしたことが一目で分かるLAUNCH PULSE、操作したエフェクトによってJOG上の光がさまざまに動くFX PULSEなどがある。" とかあったんですがw ホームDJでそんなアニメーションいらないと思うけどw フロアでやってたらテンションあがりそうな気はするけどねw

白いサイドパネルと丸みを帯びたフォルムなど、シンプルでありながらもインテリアに映えるデザインを採用し、ノートPCのキーボード部分を本機の下に置けるので小さなスペースにも設置できるって事で、おそらくは部屋において使用とかも想定してるんやろうけど。PioneerのプロユースのDJ機器と同じレイアウトにより、高い操作性も実現してるって事なんで、プロユースの普及版って位置付けなのかな!?
価格はオープンプライスだけど、五万円台になりそうです。これも11月に発売予定らしい。


次はこれ↓

今年9月にSerato社よりScratch Live / ITCHの血を引く新しいDJソフトウエア「Serato DJ Intro」がリリースされました。そして、なんと無料ダウンロードです♪

「Serato DJ Intro」の「Download Now」からダウンロード可能) もちろん英語のページなんですけど、「Download Now」のページでメアドを入れて登録するとすぐに折り返しのメールが届くので、その中のアドレスをクリックして、MacかWinかのインストーラーをダウンロードすれはOK!

どうやらVESTAXやNUMARKのコントローラーとの親和性が高いみたい。個人的にはMacではTraktor Scratch proを入れてるのでいらないけど、Winがまだ何も入れてなかったので、早速使ってみますw

Pioneerとか他のメーカーもこういうフリーダウンロードソフトをリリースしてますが、このクオリティーのソフトがタダで使えるなんて、いい時代になりましたね~w



あとは、ゼンハイザーがヘッドホンの新製品(SENNHEISER HD 219 / HD 229 / HD 23999 / HD 419 / HD 429 / HD 439 / HD 449)を発表してました。発売時期と価格は未定だそうですw
全ラインナップのうち、「HD 219」「HD 229」「HD 239」の3機種は、ゼンハイザーのヘッドホンをまだ使ったことのない人に向けたエントリーモデルで、「HD 419」「HD 429」「HD 439」「HD449」は中位機種みたい。ゼンハイザーはDJでも使ってるヒトが多いから、気になるな~と♪ 実機を触ってみたいな~w


あと、最後にこれ! もう国内でも流通してます。

独Waldorf社のボコーダーソフトウェア「LECTOR」!

Windows、Mac OSXのハイブリッド版でメーカー希望小売価格が21,000円!VST、またはAudioUnitプラグインとして動作する最大100バンドのボコーダーエフェクトで、シンセサイザーメーカーWaldorf社のかつての名機「Q」「Micro Q」「D-Coder」を基に開発されてるそうです。

主な特長を見てみたところ、色々と面白そうなんで使ってみたいな~と♪


ま、当たり前ですけど、どれもお金がないと買えないので、当分は夢のまた夢やけどw 

情報はタダですし、アンテナは張り巡らせておいて、買い物で失敗しないようにしなたいと思います♪



【お知らせ】
このサイトをPC・スマフォ・一部携帯以外の普通の携帯で閲覧したい方は

http://moblogger.r-stone.net/blogs/7805850825723724615

からご覧ください。画像等も見れます。


ホーム | SC RECS | SPACE CAKES | スケジュール | ゲスト | クラブマップ | Ust | ショップ | コンタクト | リンク | 携帯はこちらから





0 コメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...