2019-02-13

Doesn’t time fly?

 

 あっという間に


2月ももう中盤です。OPAもガラス張りのそのフロント部分が見れるようになっていて、確実に時間を経て街が変化してるなと。

LIBROさんの「胎動」のリリックのように、”すべては回り景色は変わり”つつあるなと。


誰にとっても少しでもいい変化になればいいな~と思います。


 トラックボール


DTMerの定番アイテムのトラックボール。何度か挑戦した事はあったけど、どうにも慣れないので、毎回導入を見送ってきました。

とはいえ、身近な音関係の制作やってる方々のスタジオや部屋に行くと必ずあります。場所をとらないとか、腱鞘炎にならないとかのメリットがあり、いずれは~とか思ってました。

ただ、定番のケンジントン(上の写真)に何度かトライしたけど、やっぱり...

でも、DTMやっていると、どうしても作業デスクが機材だらけになってしまい、マウスを可動させるスペースもないというか。


先日断捨離したけど、それでも本格的に場所が確保できなくなってきたので、一念発起してLogicool↓のトラックボールを購入しました。これならマウス操作に慣れてしまってても扱えそうと思ったりもしつつ。


で、1週間ほどマウスを封印して使い込んでみたら、結構慣れてきてどうにか普通の動作であれば使いこなせるように。

...さすがに、Photoshopで画像加工とかは無理やけどw 慣れてない事もあるやろうけど、あんまり細かい作業にはむいてないかも。

でも、本当に場所はとらないし、腱鞘炎にもなりそうになくて、いい買い物したな~と。

DTMやってる人にはおすすめです。


 続 iLoud Micro Monitors



少し前の記事で書いたけど、サブモニター用(便利なので実際はお店で使ってた)iLoud Micro Monitorが保証期間終了を待っていたかのように全損→新品交換しかない感じでぶっ壊れたので、同じものを買うか・別のスピーカーを買うか・そもそもメインモニターはあるので、しばらくは我慢するかって感じで、どうしたものかと迷ってたんですが...

やはり、春以降暖かくなってから再開する府内5番街でDJ野外イベントする時には、モニタースピーカーは絶対マストやし、サイズ的にも音質的にもちょうどいいからな~ でも、また同じ商品に安くない金額を払うのか~とか思いつつ...

聞くだけはタダだからと思って、サポートの方にダメもとで

「全損で新しく買い直す事になるのなら、限定モデルの白ボディにできないですか?」


と聞いてみたところ...


...少し時間を空けて...

「通常は対応できませんが、今回のみ特別にOKです。」


となりました!言ってみるもんだw サポートの皆様、ありがとうございます!

...まあ、保証期間が終わってすぐ壊れている点や、ハイは問題なくローのアンプ部とBluetoothが壊れてる点を考慮して下さったんだと思います。





音もばっちり♪


メインのGenelecほどまではないけれど、充分制作で使えるクオリティーをこのサイズ感に詰め込んでいる点は、本当にすごいなと!

...シロバーガーだけに白いスピーカーでという事で。...いや、そういうつもりではなかったんやけどね。


 ついでに



MICも買い直しました。JTSのコスパ抜群のヤツです♨

超指向性マイクなので、スピーカー前とかでもハウらない...らしい...



...こうして見ると、なんかかわいいw


いつもイベントでは、他のラッパーのパフォーマンスするステージ部分を避けて、自分たちのLIVE SETを展開してます。機材量も多いし場所も取るので、ラッパーがちゃんと目立てるようにとか、レイアウト変えられて音が出ないなどのトラブルを避けるために、少しでも邪魔にならないように心掛けてるわけです。

その反面、自分がMCする際には場所がLIVE SETに追いやられて、スピーカーの近くの事が多く、前回のライブの時には大いにハウりましたw まあ、想定はしてたものの、リハの時点では問題なかったんで、すっかり油断してました。

自分のマイクはSHUREの定番マイクで指向性ではあるんやけど、それでもハウったので、超指向性を買うしかないかな~と思うようになった感じです。

...ただ、こればっかりは現場で試してみないと、いくら家でハウらなくても、わかんないしな~w ちゅか、普通に音出してても家でハウる事なんかないしw まあ、超指向性でハウったら、もう機材での対応はあきらめもつくわなw

そんなこんなで、機材買ってすっきりしました!

...後はゴリゴリ働いて、取り戻すぞ~~~っw

Twitter