2019-06-03

DAWの話(Ableton Live 10.1 + NI TRAKTOR DJ 2 + iZotope Vinyl)


先週29日水曜日にAbleton Live 10.1のリリースがアナウンスされました♨ 個人的にはエクスポートでリターン/マスタートラックのエフェクトを適用できるのが嬉しいかなと。

まあ、色々便利な機能が満載です。メジャーアップデート時に高いお布施を払っている甲斐がありますw


いや~、⤴るわ!


というわけで、早速アップデートしました。ちゅってもアップデートしただけなんで、まだ良さはわかってないですが...w VST-3プラグイン用のMIDIルーティングでハードと連携が簡単になってるはずなので、楽しみです。



同日、NIからもリリ-ス情報が。

Traktor DJ2が無料でリリースされました。


今後は、

[有料] クリエイティブなDJパフォーマンスに対応するフル機能と柔軟性の「TRAKTOR PRO 3

[無料] iPad、Win / Macで動作する操作の簡単な2デッキDJアプリ「Traktor DJ2

の二本立てになるみたいですね。※機能比較表はこちら

Seratorekordbox陣営とシェア獲得合戦を繰り広げていくには、有償のみでは厳しいと今更ながら判断したのかな。ライトユーザーを取り込みたい的な。

...そういえば「膨大なレコードコレクションからの選曲が可能なSoundCloud Go+*との連携機能」があるそうで... DJするにはトラックを集めるよりも、wifiの電波が届くことが必須になる時代なのかと。

う~ん、個人的には、F*CKやな。当然やけど、そこは自分で努力しようやって感じ。レコードにしろデータにしろ、フォーマットは今となっては多種多様やけど、DJなんやから自分が努力して苦労して集めて選んだトラックでプレイして欲しいです。

まあ、何にせよ、ユーザーとしては選択の幅が広がる事は大歓迎です。せっかくTRAKTOR PRO 3が使いやすいので、Traktorユーザーが少しでも増えるといいなと思います。



そんなこんなで、最後に便利な無料プラグインをご紹介。

みんな大好きiZotopeがリリースしている無料プライグイン「Vinyl」 ※ユーザー登録は必要

アナログレコードをターンテーブルで再生した際に生じる様々な音の変化やノイズを細かく設定・追加するすることができるという素晴らしいプラグインです。しかも無料。...どうなってんだ!?

無料ですが人気のプラグインで、最近流行りのサンプリングザクザクでショートなHIP HOPには必須アイテムです。綺麗なビートもレコードで流しているような質感に早変わり♪ あら、素敵!


ダウンロードしてインストールも簡単でした。DAW側から呼び出して、オーソライズしてって感じです。


音が確かにかなり変わります。使う場面は限られるかもしれないけど、ローファイ好きにはいいかもな~

興味のある方はぜひっ


さて、出演イベント告知~♨





梅雨時期ですが頑張りますので、宜しくデス♨

そんなこんなで...爽やかな月曜日、今週も宜しくお願い致します。

Twitter